お酒

キリン渾身のクラフトビール「スプリングバレー 豊潤496」レビュー

springvalley_ic

テレビCMでも話題のキリンビールのクラフトビールを購入しました。

そうです。

スプリングバレー 豊潤496

買い貯めしていた缶ビールとスナック菓子がようやく全てなくなったので、ついに購入して飲みました。

『スプリングバレー 豊潤496』の商品情報

製造元  :麒麟麦酒(キリンビール)
参考価格 :税込273円

区分   :ビール
種類   :インディアペールラガー
原材料  :麦芽(外国製造または国内製造(5%未満))、ホップ
アルコール:6.0%

メーカー(キリンビール)のホームページ情報

発売日は2021年3月23日です。けっこう前ですね。

ブログ記事はスピード感が重要ってのは理解しているのですが、どうもまだまだです。

スプリングバレー豊潤496には4種類のホップ、キリンラガー対比で1.5倍もの麦芽が惜しみなく使用されています。

製法はディップホップと呼ばれるもので、ホップから7日間漬け込むことでじっくりと香りを引き出しています。

ビアスタイルはIPL、インディアペールラガーです。

よくあるIPA(インディアペールエール)のラガーバージョンです。

ラガーは香りや後味というより、のどごしが重視されます。

ですがスプリングバレー 豊潤496はラガーにもかかわらず、香り、飲み応えを重視しているのが特徴です。

スプリングバレーのブランドページには動画も載っていました。

以下、キリンビールより引用

ちなみに496という名前ですが、496は数学のおいて完全数と呼ばれる特別で神秘な数字だそうです。

これに関してはだから何?って気もします。

もう一つ、毎日飲んでも飽きないビールという想いが込められています。

1,2,3………10………30,31と1ヶ月の数字を全て足すと496になるそうです。

『スプリングバレー 豊潤496』の見た目

springvalley4

赤い缶のイメージ通り、ビールはやや赤みがかっており、少し高級感のある見た目です。

ぜひともグラスに注いで飲んでください。

springvalley5

この写真は注いでから時間が経ってしまっており、泡とビールのバランスが悪いですが、色みがきれいに撮れたので記載しました。

springvalley6 springvalley7

缶には「JAPAN CRAFT BREWERY」『クラフトビール』と書かれています。

キリンビールの起源 wikipediaより

1870年(明治3年)にノルウェー系アメリカ人ウィリアム・コープランドが、日本で初めて大衆向けにビールを醸造・販売した企業「スプリング・バレー・ブルワリー(SPRING VALLEY BREWERY、コープランドビール)」を起源とする、日本のビール事業の草分け的企業である。

springvalley9

スプリングバレーブルワリーはキリンビールの起源であり、SPRINGVALLEYというクラフトビールの開発に至ったようです。springvalley10

お店では豊潤496しか見かけたことはありませんが、スプリングバレーのラインナップとして5種あります。

  1. スプリングバレー 豊潤496
  2. スプリングバレー on the cloud
  3. スプリングバレー Afterdark
  4. スプリングバレー Daydream
  5. スプリングバレー JAZZBERRY

オンラインショップでアソートセットもあるのでおすすめです。

公式ページ

『スプリングバレー 豊潤496』の感想

正直言われないとエールビールだと思ってしまうような味わいです。

キリンラガーの1.5倍もの麦芽と4種類のホップ、さらにはディップホップ製法によるものでしょうか。

スプリングバレー 豊潤496は様々なお店で取り扱いされているので、クラフトビール初心者の方にぴったりのビールです。

個人的にはスプリングバレーの他の味もぜひ飲んでみたいです。